日本にウォシュレットバージンは11%もいた!!一方で、海外の反応は…??

2014-11-12

【データに見る日本人の欲しがり度】

今日は、日本人のウォシュレット事情について。

早速ですが、クエスタント事務局の調べによる日本人のウォシュレットの水圧の好みに関するアンケート調査を御覧ください。

Q.突然ですが… あなたは、トイレのウォシュレットを使ったことがありますか?使ったことがある方は、ウォシュレットの水圧の好みを教えてください★

2014-03-12_16455

これは、大変興味深い結果。みなさん強めがお好みの様子ですね。最強が20%超えですから、ウォシュレットを開発されている方は、もっと強力なボタンの開発を検討されても良いかもしれません。みなさん欲しがりますね。ただ、1つだけ引っかかる部分があります。

【日本人のウォシュレットバージン率は・・・??】

2014-03-12_1642

日本のお家芸とも言えるウォシュレット。なんと今回の調査では、11.8%の人がウォシュレットバージンという結果が出ました。

以下のデータから見ても分かる通り、今回の回答者は成人のみ。強めのウォシュレットを好む日本人の傾向が見て取れる一方で、由々しき日本の二極化が見て取れます。

Q.年齢

2014-03-12_16483

【海外セレブにとってウォシュレットは、Goodなのか】

日本のお家芸とも言えるウォシュレットですが、海外の反応はいかがでしょうか。

実は、海外セレブにも日本のウォシュレットは、大人気。特に以下3人のセレブには、大好評です。また、ディカプリオとウィルスミスに至っては、自宅に特注で備え付けているとも言われています。

・マドンナ「ウォシュレットに会いに来たわ」※2005年来日時に発言
・ウィルスミス「トイレットペーパーが必要ないんだよ。座るとバッチリのところに水が当たり、 乾かしてくれるんだ。ハンズフリーさ」
・レオナルド・ディカプリオ「環境に気を使う彼だからこそこのトイレを選んだ」※米記者談話

海外セレブからは、一定の評価を得ていますね。でも、もっと一般的なリアクションを見てみたいものです。

【実際に海外の人がウォシュレットをやった際の動画を見たい!!

ということで今回は、どこにでもいるウォシュレットバージンの外国人カップルが、初めてウォシュレットを体験した際の動画を紹介します。

200万回を超える再生数が、ウォシュレットに対する世界からの潜在的な憧れ、畏怖を感じさせますね。

コメントを見てみると

・「史上最高のトイレよ!」(Best Toilet Ever!)

・「やってみたい!!」(I WANNA TRY!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!)

・「TOKYOは、とてつもなく先を行ってやがる。愛してるぜ」
(Tokyo is so advanced I love it)

といった意見が出た一方で、

・「気をつけないと海外のトイレでは妊娠しちまうぜ」
(careful with that exotic toilet, might get pregnant yikes.)

・「日本人は、意味もわからないのに英語の曲が好きらしい」
(i heard Japanese citizens love music in English but don’t understand anything they are listening to.)

といったネガティブなコメントも散見されました。※日本語訳は全て筆者による解釈

【終わりに:日本のウォシュレットを世界へ】

今回は、100名を超える方にウォシュレットのアンケートにご回答頂きました。回答者の方には、この場を借りて御礼申し上げます。今回のデータ分析から、以下2点が主な発見だったのではないでしょうか。

・強めのウォシュレットを欲しがる傾向にある日本人

・一方で日本の成人の11%以上がウォシュレットバージン

ここに、海外の方の反応を加えると、日本のみならず、世界のウォシュレット市場には、無限の可能性があるのでは無いかと妄想をふくらませてしまいます。

2020年には、東京オリンピックもあります。上記のデータ分析から、日本のウォシュレット界で何が出来るかという新たな可能性を探るのも良いので はないでしょうか。例えば、“最強の向こう側ボタン”や、“20歳を過ぎてからウォシュレットを使おうと決めた人達へ”(セミナー)等など。参考にして頂 ければと思います。

クエスタントブログでは、引き続き新たな常識を発見していきます。

Copyright(c) 2013 ウォシュレット取り付け王 All Rights Reserved.