ウォシュレットの取り外し方

2014-10-30

ウォシュレットなど温水洗浄便座の取り外し方

  最近の温水洗浄便座の外し方は簡単です。しかし、ウォシュレットなど温水洗浄便座は電気製品ですので、取り
  扱いには注意が必要です。感電や、火災他いろいろなトラブルが予想されます。主な注意点は、「掃除する時水を
  かけない」「コンセントのまわりをきれいにしておく」 「便座は、傷がつきやすいのでやわらかい布などを水でかたく
  絞って清掃する」「酸性洗剤、アルカリセイ洗剤は使用しない」 などが上げられます。以上管理には十分な注意を
  おすすめします。

 まず、作業を始める前にコンセントを抜いて下さい。作業終了後はコンセントを元までしっかりと入れて下さい。
  次に便座の脇(両サイド)どちらかの奥の方にボタンがありますので探して下さい。それから下記のとおりお試し
  下さい。

  便座を手前に引くタイプ
   便座を押さえ、ボタンを押しながら便座を手前に引いて下さい。戻す場合は、そのまま奥に押し込んで下さい。
    「カチッ」という音がすればOKです。

   ボタンを引っ張ってボタンの頭を出して下さい。それから便座を押さえ、手前に引いて下さい。便座を戻す場合
    は、そのまま奥に押し込んで下さい。完全に戻ってから引っ張ったボタンを押して元に戻して下さい。

   ②と同じ外し方で2段式の物もあります。(イナックス製)
   ボタンを引っ張って下さい。それから便座を押さえ、手前に引いて下さい。便座が途中で止まりり、ボタンが元に
   戻ります。次にまたボタンを引っ張って下さい。それから便座を押さえ、手前に引いて下さい。これで便座が外れ
   ます。便座を戻す場合は、そのまま奥に押し込んで下さい。完全に戻ったら引っ張ったボタンを押して元に戻して
   下さい。

  便座を上に持ち上げるタイプ
  便座を押さえ、ボタンを押しながら、またはボタンを引っ張ってボタンの頭を出し、便座をに持ち上げてて下さ
    い。戻す場合は、そのまま下に押し込んで下さい。「カチッ」という音がすればOKです。

 

  温水洗浄便座を外した裏側の汚れ
    


 
初期段階の汚れ
  ウォシュレットの初期段階の汚れです。上記のように便座に汚れが
  しみついてしまうと汚れは落ちますが色は取れません。ウォシュレ
  ット購入後は定期的な清掃をお勧めします。現在販売されている
  ウォシュレットは、ほとんどが自分でも取り付け可能です。
  また、便座を取り外す事も簡単でです。こまめに掃除しましょう。

        ウォシュレット清掃(掃除)前        ウォシュレット清掃(掃除)後

               
     

          

      脱臭フィルターの目詰まり清掃(掃除)前          脱臭フィルター清掃(掃除)後

         

 

Copyright(c) 2013 ウォシュレット取り付け王 All Rights Reserved.