未分類

簡易シャワートイレならば、電源不要で取り付け可能!

2015-08-15

日本が生み出した発明品のなかで、もっとも肛門に優しい商品といえば、言わずと知れたTOTOの「ウォシュレット」であろう。他メーカーのウォシュレット的な商品は「シャワートイレ」と呼ばれているが、通称するならウォシュレットだ。

そんなウォシュレットは基本的に電源が必要。風呂トイレ別の部屋ならば、たいていトイレにもコンセントは付いているが、ユニットバスには付いていないことが多い。よってユニットバスではウォシュレットの恩恵を受けられない……と思いがちだが、あきらめるのはまだ早い! トイレに電源がなくてもウォシュレット的な活躍をしてくれる「簡易シャワートイレ」的な商品が古くからバリバリ売られているのだ!
・2種類の「簡易シャワートイレ」が流通している

ためしにAmazonなどで「電源不要 簡易シャワートイレ」などのワードで検索してみると良い。出るわ出るわ、わんさかヒットする! すべて海外では実際に使われている商品らしく、「これが正式名称」といった名前は存在しないっぽいのだが、大きく分けて2種類の簡易シャワートイレが売られているのだ。

ひとつは「ツマミ」が3つ付いたタイプ。もうひとつはツマミが2つ。しかし、“水が出る仕組み” や “取り付け方” などは両方ほとんど同じなので、よーく比較して気に入った方を選ぶとよいだろう。ともに価格は5000円くらい。それぞれの細かい違いは、この記事の最後に説明したい。
・水の勢いだけでノズルが出てくる

まず最初に、どのようにして「簡易シャワートイレ」が動くのかを簡単に説明したい。ツマミをひねると、簡易シャワートイレ本体に水道水がダイレクトに流れ、その水の勢いでノズルが「ニュッ」と顔を出し、ものすごい勢いで「ジャーーーーッ!」と肛門めがけてストライクといった感じである。詳しくは記事下の動画を参照だ!

もちろん肛門だけではなく「ビデ」モードもあるので女性も安心。ツマミのひねりぐあいで水圧の強弱もつけられる。ノズル位置などの調整はできないが、そこは簡易シャワートイレを設置するときに、固定位置を微調整すれば問題なし。また、「ノズル洗浄」モードも完備しているぞ!

なお、唯一の難点は「お湯が出ない」ということ。電源の付いているウォシュレットは電気の力で水を温めている。しかし、この「簡易シャワートイレ」には、お湯を温める能力はない。冬場は「ヒャー」と冷たいが、きっとそのうち慣れてくる。
・工作が得意な人なら20分くらいで設置完了

次に設置方法を簡単に説明したい。まずはトイレのタンクに水を送り込む部分の「実は蛇口」的なところをマイナスドライバーでしっかりと閉じ、水が出ないようにする。次に工具を使って、「トイレのタンクに水を送り込むパイプ」を取り外す。あとは簡易シャワートイレに同梱されている「分岐ホース」を取り付けて第一段階終了。

次に便座を取り外し、便器と便座の間に簡易シャワートイレを取り付ける。そして最後に、簡易シャワートイレと分岐ホースを接続したら……夢のウォシュレット生活があなたのもとへ! 工作が得意な人なら20分くらいで設置完了することだろう。多少の工具は必要になるが、私(筆者)場合はプライヤーとマイナスドライバーだけで設置した。
・デザイン重視か、使い勝手重視か

最後に、Amazonなどの通販サイトで現在よく見かける「2種類ある簡易シャワートイレ」の違いについて説明しよう。まず、デザイン的には圧倒的に「ツマミが3つ」のほうがスタイリッシュ。だが、その「ツマミ」を回すとき、ちょっと固くて力が必要……という難点がある。

一方の「ツマミが2つ」のデザインは、なにやらトロピカルな南国ムードが漂っており、「余計なプリントするんじゃねえ!」と突っ込みたくもなってくるが、ツマミの回し具合と「柔らかさ」にかんしては、こっちのほうが断然イイ。デザイン重視か、使い勝手重視か……といった選択になることだろう。しかし、どちらを選んでもユニットバスでも夢のウォシュレット生活があなたのもとへ! だ。健闘を祈る。

ウォシュレットの引越

2015-04-16

ウォシュレットは引越しの時に持って行けます。
今の便器から取り外して、新しい家の便器に取付ける際、自分でできない場合は近くの水道工事店に頼むことになります。
通常、取り外し工事や取付け工事は引越しする前と引越し先のそれぞれの場所で最寄りの水道工事店さんに頼みます。 工事代は一回10,000~15,000円くらいが目安(電源工事などは別)。
最寄りの店が見つけられない場合は、TOTOメンテナンス株式会社でも取り外しや取付け工事を請け負っています(受付フリーダイアル:0120-1010-05)。引越し業者さんによってはウォシュレットの引越しも含めて全部やってくれるプランを持ってるところもあるようなので確認してみましょう。
賃貸住宅の引越し時は部屋を入居時の状態に戻しておくのが原則です。
ウォシュレットを取り外した際、もともと取り付けてあった便座に戻しておく必要があります。また、ウォシュレットを取り付けた時に給水管を取り替えたり、切ったりしている場合もあるので、それも元の通りにしておかなくてはいけません。
ウォシュレットを取付けた時、便座や部品を保管しておかずに、処分してしまうと面倒なことになります。
すでになくしてしまった場合は、便座(普通便座で10,000円程度)や部品を買って元通りにしておきます。
今使っているウォシュレットが要らないという場合でも、そのままウォシュレットを残しておいていいかどうか、大家さんに確認する必要があります。
引越し先の家のトイレをあらかじめ確認する事も必要です。引越し先が外国の場合は、日本で使っていたウォシュレットは使えません。日本国内ならば例えば関東から関西への引越しでも周波数などの問題はないから使えます。ただし、引越し先のトイレの間口が狭く、ウォシュレットが付けられない、電源がない、便器の大きさ(大形:エロンゲートサイズと普通形:レギュラーサイズ)が持って行ったウォシュレットの大きさと違うなどはあるかもしれないので要注意です。

トイレやウォシュレットの正しい使い方

2015-01-19

間違った入り方してませんか?

便意や尿意を感じていなくても、出さなくちゃ、といきんだり、長時間便座に腰掛けていると肛門に大きな負担が かかってしまいます。肛門周辺の血管や粘膜以外にも、いきむことで高い腹圧が掛かると、年齢と共にハリの無くなった腸壁が違う方向へ膨らんでしまう場合も あります。また、残便感があるうちは出し切るまで頑張ってしまう、といことが多いと思いますが、すっきり感を目指して力んでいると痔の原因を作りだす大き な要因になってしまいます。

正しい排便方法

おしりに負担の掛からない出し方をするためには、まず、便意を感じてからトイレに入るようにしましょう。便意 を感じてからトイレに入ることで、脳内には「今から排便できる」というイメージが伝わり、腸の蠕動運動がスムーズに便を押し出すため、いきんで肛門や腸に 無理な圧力をかけずに短時間で排便することが出来ます。そのためには、便意を感じたら我慢せず、1~3分の間に出し切るのが理想的です。

出した後のスリーステップ

痔の予防と対策には、出した後のおしりのケアがとっても大切です。基本的には汚れを取る、乾燥させるというこ とが目的ですが、トイレットペーパーで拭くと、水分は取れますが、汚れは取りきれず、無理に擦ると肛門周辺の皮膚を傷つけてしまいます。そのため、排便後 にはまずトイレットペーパーで軽く拭いて大まかに汚れを拭き取ります。次に、温水便座や座浴で肛門のシワなどについた細かい汚れを洗い流します。その後、 トイレットペーパーやタオルなどで軽く押さえるように水分を拭き取ります。

ウォシュレット

温水や温風を出すことの出来る機能付き便座は、痔もちの人にとってとってもありがたい存在ですよね。最近ではマッサージ効果などのある温水シャワーが付いているタイプ等もあり人気もありますが、間違った使い方をしている人も多いようですよ。

メリット

ウォシュレットについている温水シャワートは、排便後の洗浄が手軽に出来るのが特徴ですよね。また、痔の改善 に効果的な座浴と同じように、肛門周辺を温め血行促進させることができます。特に切れ痔や痔ろうの場合、傷口を清潔に保つことが重要なポイントになります ので、温水機能付き便座の利用は効果的です。またウォシュレットについている温風機能を使えば、しっかりと監査そう競ることができるので、蒸れてやかぶれ を防ぐことが出来ます。

注意点

ウォシュレットは、排便後の肛門周辺の洗浄に使います。ウォシュレットの刺激が便意を呼び起こすきっかけにな る事もあるため、排便前に使う、という人が増えているようです。しかし、排便前に使用する習慣が付いてしまうと、ウォシュレットによる外部からの刺激がな いと便意を感じられなくなってしまう場合があります。また、マッサージ機能を利用すれば肛門周辺の血行を促進することが出来ますが、そのために長時間便座 に座っていると、結局肛門負担をかけてしまうことになるので注意しましょう。

温水洗浄便座の節電を考える

2014-12-26

温水洗浄便座の電気代は使い方次第

温水洗浄便座
温水洗浄便座は快適に節電を!

ト イレといえば温水洗浄便座がごく当たり前になってきた今、一般家庭での普及率も年々上昇し、普及率は約60%ほどになっています。暖かくて快適な温水洗浄 便座ですが、やはり気になるのはその電気代。温水洗浄便座の電気代は、機種によって大きく違いがありますが、安いものでは1ヶ月200円程度。高いものは 千円を超える場合もあるようです。

でも機種による電気代の差もありますが、使い方によっても大きく電気代に差が出るのが温水洗浄便座の特徴。そこで今回は、温水洗浄便座を快適に使いつつ、上手に節電する方法をご紹介します。

温水の設定温度

水温の設定は、冷たいと感じない程度の低めの温度設定を心がけましょう。真夏であればスイッチを切ってしまっても良いくらいだと思いますし、真冬の場合でも強ではなく中ぐらいでも十分かと思います。

・洗浄水温度の設定を、冬は強から中へ、中間期は中から弱へと変更すると年間約1,300円の節約

暖房便座の使い方

温水洗浄便座
季節に合わせて設定を見直そう

よく出先などで、火傷をしてしまうんじゃないか?と思うほど高温の便座に遭遇することがありますが、当然ながらこれは無駄な使い方。座った時にヒヤッとしない程度の温度設定で十分だと思います。

また、暖房便座は蓋を開けている状態だとより放熱が進むため、余計な電気を消費してしまいます。蓋を閉めることにより、約10%ほどの節電になりますので、気を付けて蓋を閉めるようにしたいものです。

・便座温度の設定を、冬は強から中へ、中間期は中から弱へと変更すると年間約800円の節約
・使用していない時便座の蓋を閉じておくと年間約1,100円の節約

場合によっては暖房便座のスイッチは切ってしまい、便座カバーを使用するという方法もありますね。

機種による格差

近年の家電製品の省エネ性能は著しく向上しています。温水洗浄便座も例外ではなく、従来品の何分の一かの電気代で済む、というような製品が多く登場しています。

ま ず、今は主流になりつつある「瞬間湯沸し方式」のものは、タンクに貯水して暖める「タンク方式」に比べエネルギーのロスが少なく経済的です。暖房便座も、 使用していない時はヒヤッとしない程度の低音で保温し、使用時だけ設定温度まで上げるというような、節電モードを搭載した機種が多くなっています。また最 新のものでは、普段は便座が暖まっていない状態なのに、センサーで人を感知し瞬間的に便座を暖めるものも出てきています。

古い機種でかなり電気代がかかっているという場合には、買い替えで大きく節電できることもありますので、検討されるのも手かもしれません。

電気代|実は水道代が一番かかっているトイレで出来る節約方法とは

2014-12-19

<電気代>

電気代 トイレ

電気代の節約をトイレでも!

以前、こちらの記事で水道代の中で、実は水道代が一番かかっているのはトイレだとご紹介しました。
そのトイレですが、電気代も見なおしてみてはいかがでしょうか。意外とトイレは、電気代も掛かっているのです。

ウォシュレット(シャワートイレ)を見直そう!

電気代 トイレ

一昔前までは珍しかった温水洗浄便座(ウォシュレット・シャワートイレは商標となっているので、ここでは温水洗浄便座と呼びます)ですが、最近では70%程度に至るまで普及しました。
では、この温水洗浄便座に掛かる電気代はいくらなのでしょうか?

電気代 トイレ

冬の時期に使用する場合(24時間)、便座の温度・温水ともに「低」で約10円の電気代が掛かります。
これをひと月計算すると、電気代は約300円。
年間で、約3600円の電気代になります。
しかし、これは、「低」の設定における電気代となっているので、便座または、温水の設定を「中」や「強」にしている場合は、もっと電気代は高くなります。
電気代の節約のためにも設定温度は、「低」にしましょう!

設定温度を変える他にも電気代を節約する方法はあります。
電気代 トイレ

出かけている間(長期の時は特に)や、寝る前などにスイッチを切ってあげるだけでも電気代の節約につながりますね。
シーズンで使い分けるのも一つの手ですね。
他にも、便座にカバーを被せて、常に便座のスイッチを切った状態にしていれば、もっと電気代を安く抑えることが出来ますよね!

便座のスイッチを切りたくない人へ

電気代 トイレ

カバーをしてもヒンヤリするからスイッチを切りたくないという人にもできる最低限の電気代節約方法は、【フタを閉めましょう】。
フタを開けていると、熱が発散されて、それを補うために多くの電力(電気代)を使ってしまいます。
フタを閉めることを意識するだけで、年間で約770円も電気代を節約することが出来ます。

ワット数の低い電球に切り替えよう

トイレでは、そんなに明るい電気は必要ありませんよね。むしろ少し暗いほうがゆっくり出来るのではないでしょうか?
夜起きた時にも明る過ぎたら目が冷めてしまうこともあるのではないでしょうか。
20ワットくらいの少し暗めの電球を使ってあげれば、電気代の節約にもつながるのでおすすめです。

最後に

さあ、今回ご紹介した電気代の節約術はいかがだったでしょうか。
ご検討に値しましたでしょうか。
SNSでの共有をよろしくお願いいたします。
少しでも、みなさまの電気代の節約に繋がるような記事をこれからも掲載して参ります。

節約に興味がおありなら

家計簿をつけることで、家庭のお金の流れを把握することが出来ます。「先月の電気代はいくらだった」「食費はいくらだった」「先月で、一番大きかっ た出費はいくらだろう」「来月に回せるお金はいくら残るだろうか」と言った様なものが一瞬で把握出来たら、便利ではないですか?

家計簿が続かない人へ

いちいち、自分で入力するのは手間がかかりますよね。そんなに時間も掛けたくない気持ちはわかります。
今、レシートを送るだけで、グラフ等を表示してくれるサービスが登場しているのをご存知ですか?
「でも、機械だから誤認識あるでしょ?」
精度は97%を超えるものが多く出ているものの、確かに間違いはあります。
そこで、人にやってもらえるサービスがあるんです。
しかも、無料です。
個人情報が流れるから心配だという声もありますよね。
個人情報と入力してくれる人は切り離すため、漏洩の心配が全くないサービスがあるんです。
それが、まさかの人力家計簿Dr.Walletです。
詳しくは、当サイトに掲載してあるバナーをクリックして頂ければ、詳しいサービス概要を見ることが出来ます。
現在では、様々なメディアで取り上げられ、女性の方に多くご利用頂いております。
是非、一度ご利用頂けると、幸いです。

 

切れ痔でウォシュレットが痛い!大丈夫なのか?

2014-12-17

切れ痔の皆様、いかがお過ごしでしょうか?

私は最近は出血することも少なく快適に過ごしております。

さて、切れ痔になっている状態でウォシュレットを使ってる方ってどれくらいいらっしゃいますか?

ちなみに僕は過去に切れている状態でウォシュレットを使って大変な目に遭いました・・・

もう痛いのなんの・・・

でもおしりは清潔に保っておかないといけないし・・・

 

一体どうすればいいんだー!!!

 

って感じでした。

正直、いくらおしりをきれいに保つためとはいえ

 

こんなに痛いのを我慢しなければいけないのか?

 

大丈夫なのか俺の尻!?

 

というように思っていましたね。

そこで今回は、切れ痔の人がウォシュレットを使っても大丈夫なのか?

ということについての医師の見解を紹介していきます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

そんなある日、切れ痔が相当ひどくなって出血も中々止まらなくなってきました。

毎回、便器の中が真っ赤になるくらいで、

 

あ、このまま死ぬのかな?

 

と思うほど。

このままではまずいと思い、意を決して病院に行くことにしました。

その病院は、痔に関しては全国でもかなり権威のある医師がいる病院。

一通りの診察を終え、僕は疑問に思っていたウォシュレットを使うことに関して聞いてみました。

 

自分

「先生、排便時におしりを清潔に保つために

 ウォシュレットを使っているのですが

 痛すぎてもう限界です。」

 

それに対して医師は

 

医師
「ウォシュレット?

そんなもの使わなくていいよ。」

 

自分
「えぇ!?先生、使わなくていいんですか!?」

 

医師

「むしろウォシュレットを使うと悪化することもあるからやめなさい。」

「どうしても使いたいなら一番弱いやつで濡らすだけにした方がいいですよ。」

 

自分
「わかりました!」

「でもどうしてですか?」

 

医師
「ウォシュレットの勢いが強いと逆に傷口が広がったり、

それが原因で菌が入ったりすることもあるんです。」

 

自分
「なるほど。もう2度と使いません!

 

医師
「お大事に。」

 

 

かなり簡単に書きましたがこんな感じのやり取りでした。

この時僕は正直嬉しかったです。

あの痛みから解放されるんだと思うと。

恐らく、全国の切れ痔さんの中には僕のように

ウォシュレットの苦しみに耐えている人がたくさんいるんじゃないでしょうか?

 

とにかくおしりは清潔にしなければならない

 

という思いが強いのでどうしても使っていしまいますよね。

でもそれは間違いだったんですよ。

自然に任せるのが一番だそうです。

実際に僕はそれからかなり良くなりました。

僕たちにできるのは、

 

1.切れないように少しずつ出すこと
2.柔らかい便が出るように心がけること
3.ちゃんと薬を塗り続けること

 

この3つしかないのです。

皆さん、これからも痔と付き合っていきましょう。

もし、このほかに何か有力な情報をご存知の方がいらっしゃれば教えてください。

よろしくお願い致します。

温水洗浄便座の選び方

2014-12-12

概要編集する

温水洗浄便座とは、洋式便器に取り付ける、おしり洗浄、脱臭、乾燥などの機能を備えた便座のことをい います。洋式便器には、便器・便座の部分と水をためるタンクが別々になっているものと、便器・便座とタンクが一体になっているもの(一体型・ワンピース 型)があります。前者の場合は便座の交換も容易ですが、後者の場合は簡単にはいきません。機種によっては故障や破損といった場合でも便座だけの交換ができ ず、便器ごとの交換が必要になる場合もあります。

 

最終更新:サテラビュー 2013/11/22 13:30:09


選び方のポイント編集する

温水洗浄便座は各社から販売されていますが、メーカーによって呼び名が異なります。一般的に「ウォ シュレット」と呼ぶこともありますが、これはTOTOの商標名で、「シャワートイレ」はINAX(LIXIL)の商標名です。「一体型」の便座・便器や特 殊な形状の海外製のものなどを除いて、市販の温水洗浄便座は、ほとんどの洋式便器で設置・交換が可能です。最近は、機能はもとより省エネ性能、デザイン面 でも進化した製品が数多く登場しているので、必要とする機能を見極めて、最適なものを選ぶようにしましょう。なお、洋式便器には大きさの違う2種類のもの があり、それぞれのサイズに適合した便座を選ぶ必要があります(FAQ参照)。

主な機能は以下に紹介していますが、便利な機能としては、汚れやすいノズルを自動的に洗浄してくれる自動洗浄機能や、気になる臭いを軽減してくれる脱臭機能があります。

温水貯蔵方式

お しりなどを洗う水を温める方式については、「貯湯式(ちょとうしき)」と「瞬間式」の2種類があります。「貯湯式」とは、温水洗浄便座内にあるタンクに温 水を保温して貯めておき、いつでもすぐに温水が出せるように準備しているタイプです。一方の「瞬間式」は、使うときに水を温めて噴出します。それぞれにメ リット・デメリットがあります。

 
貯湯式 瞬間式
貯湯式パナ.jpg 瞬間式.jpg
「貯湯式」は、温水の量が豊富であることや、比較的ローコストの製品が多いことが特徴です。しかし、温水のままで常に保温しておく必要があるため、より多くの電力を消費するといったデメリットもあります 実 際に流す水量だけ使用時に温水にかえるので、「貯湯式」よりも水量が少なく済みます。水流を調整するなど、少ない温水でもしっかりとおしりを洗えるよう工 夫されている機種が多いのも特徴です。温水を貯めておく必要がないため、電気代を抑えることができますが、「貯湯式」と比べると価格が高くなります

水流に強弱をつけながらおしりを洗浄する機能です。

温水による洗浄後に温風でおしりを乾燥してくれる機能です。通常は数段階で温風の温度を調整できるようになっています。

通常は便座の横にあるスイッチを使って操作しますが、リモコン付きの機種であれば壁など使いやすい場所に操作ボタンを設置することができます。

センサーによって人を感知すると自動的にフタの開閉を行ってくれる機能です。身体をかがめてフタの開け閉めをする必要がないので、妊娠中の女性や、お年寄り、腰の悪い方には便利な機能です。

年間電気代

カ タログなどに、年間の消費電力や電気代の目安が示されている製品も多くあります。最近は、機能面でも節電を意識した商品が多くなっています。電気代は便座 の温め方(常時温めか、使うときだけ温めるか)と、温水の貯蔵方法(貯湯式か瞬間式か)によって大きく異なります。電気代のことだけを考えれば、人の入室 を感知して数秒で便座を温める「瞬間暖房便座」や、洗浄機能を使うときだけ温水をつくる「瞬間式」が有利です。また、便座の放熱を防ぐため使用していない ときは便座のフタを閉めることや、季節に合わせて温水や便座の温度を調整するといった工夫も省エネにつながります。

 

最終更新:サテラビュー 2014/01/15 11:05:56


FAQ(よくある質問と回答集)編集する

 

Q.温水洗浄便座の大きさはどれくらいありますか?

A. 便器の開口部の大きさにより異なり、エロンゲート(大型)サイズとレギュラー(標準)サイズの2種類があります。大型サイズでは縦の長さが 360~380mm、標準サイズでは320~340mmとなっています。そのため、便器に適合したサイズの温水洗浄便座を選ばなければなりません。なお、 最近の温水洗浄便座では、大型・標準兼用となっているものが増えています。

Q.便座を温水洗浄便座に交換するときに注意することはありますか?

A. 便器のサイズに合った便座を選ぶことと、トイレの室内に電源用コンセントと止水弁があるかを確認することです。電源コンセントは、便座や洗浄水を温めるの に必要ですし、止水弁は取り付けの過程でタンクに流れる水を一時的に止める必要があるためです。また、簡単な工具で水を止められるタイプであることが条件 となります。

ウォシュレットを使いすぎると「肛門湿疹」「切れ痔」になるってどういうこと?

2014-12-04

▼温水洗浄便座の普及でこんな病気が増加しているらしい

温水洗浄便座が普及している昨今、ある病気が増加していますね。

それは「肛門湿疹」と「切れ痔」です。

大腸肛門科の那須聡果医師(西新井大腸肛門科)のコメント

Photo by Ryan McVay / Photodisc

 

▼「肛門湿疹」??

肛 門湿疹とは、きれいにしようとお尻を洗いすぎることで、皮膚のバリア機能が低下したり、肛門周囲がかぶれてしまったりする症状です。とてもかゆくなるので すが、不潔にしていたことが原因かと思い込み、余計に洗いすぎて、さらにかぶれが悪化するという悪循環に陥ることもあります。

▼「切れ痔」にもなる?

また温水洗浄便座の水圧が強すぎるため、肛門の際に擦り傷ができてしまうこともあります。つまり切れ痔です。

▼他のサイトでも同様なことが書いてある

肛門科の医師のなかには、洗浄便座の不適切な使用により、肛門周囲の湿疹や、肛門皮膚炎、肛門潰瘍、肛門狭窄、直腸炎などが増えていると指摘する声があります。「温水洗浄便座症候群」という言葉も登場してきました。

肛門は、肛門括約筋という筋肉のなかはすぐに直腸粘膜です。表皮にはたくさんの細菌が付着していますし、直腸内にも大腸菌や腸内細菌などの細菌がたくさん存在します。

そ うした細菌の侵入を阻んでいるのが、皮膚や粘膜などのバリア。しかし、ウォシュレットを長くあてることで皮膚をふやかし、皮膚が弱くなったところをトイ レットペーパーで擦ることによって、傷がつきやすくなります。また、皮膚上の有用な常在菌を洗い流してしまうことにより、生体のバリアが崩れてしまいま す。

Photo by Jupiterimages / Photos.com

 

肛門周囲は敏感な所なので、ウォシュレットを使い過ぎるとかえって皮膚炎を起こしたり浣腸作用を起こして、不快感や残便感が強くなったりします。これが「ウォシュレット症候群」と呼ばれている現象です。

▼ウォシュレット症候群! ではどうすればいいのか?

肛門の外に付着した便汚れは、通常3~5秒程度で落とすことができます。それ以上の洗浄は不要。また、トイレに行くたびにウォシュレットを使うのも、デリケートな肛門の皮膚のためには避けたいものです。

何事もやりすぎはイカンということのようです。ウォシュレットを常用している人は要注意。

「スワレット」という優れものアイテム

2014-11-25

「スワレット」という製品をご存知でしょうか?取り付けは比較的簡単ですが、力仕事になります。 このスワレットと言う商品、何が優れているかと言うと 大掛かりな工事を必要としないで、和式トイレを洋式に 変身させられる所にあります。ただ、タンクからの洗浄 水配管が長ければ調節する必要があり、切断したりと それなりの手間はかかります。 (私の場合、配管は金切りノコで切りました。) 詳細はメーカーのサイトでご確認下さい。商品名の スワレットを入力して検索すると出て来ます。 なお、このスワレットは和風両用便器向けの製品です。 その為、製品本体の座高はかなり低くなっています。 段差の無いフラットな和式便器には低過ぎて使えない ので、ご注意下さい。  *** *** *** *** *** *** で、この製品を2年ぐらい使い続けて来たわけです。 ところが、冒頭にありました様に、最近になって臭いが 気になり始めたものですから、原因を調べてみたわけ です。 原因はスワレット本体と和式便器の合わせ部分にあり ました。スワレットも和式便器も水洗によりキレイなはず でしたが、どうも便の跳ね返りなどが見えない部分に 付着して堆積していた様です。ここは洗浄水の届かない 死角になっておりました。 一応、その部分をブラシで掃除してみたところ、キレイに なったのですが、やはり気分的には嫌なものです。 かと言って、本格的に改装工事をするとなると、業者にも よりますが20万円~40万円ほどの出費を伴って痛い。 では、どうしましょうか。 何とか素人工事で対応できないかと考えたものの、 給排水工事は専門知識と工具を要する為、簡単には 行きません。床のハツリもそうですが、和式便器から 洋式に変更する場合、一つ大きな問題があるのです。 それは、排水心の位置です。排水心とは、汚水配管 の口の中心を言います。この口と便器の排水口を接合 して排水しているわけです。 私の家の和式トイレは、洗い流し式になっていまして、 汚物は一度便器前方に流れます。そして、中の排水穴 を通じて便器の手前までバックして来るのです。もちろん その部分は隠されているので全く見えません。結局、 本当の排水穴は、意外にも便器の尻側に近い所にある のですね。その距離は壁からだいたい60cm(600mm)の 所にありそうな事も分かって来ました。 では何が問題になるのでしょう。それは市販されている 洋式便器で価格の安い物ほど、排水心の位置が固定 されており融通が利かないのです。もちろん、リモデル 対応の便器の様に、排水心の位置を自在に変えられる アジャスタ付きの製品もあります。最近はこちらが主流の 様ですね。(私は安いものを買って後悔するタイプです。) こうなって来ると、何かヒントになるサイトはないかと、 懸命に探す事になります。そしてついに発見!! (工事については、ここが一番分かり易かったです。) 日曜大工でリフォーム(サワダ建築事務所) さて、知識は手に入りました。配管の移設や大工仕事も 出て来る事を知り、自分でやる気力はなくなりましたが、 幸いにも知り合いの工務店が「現物だけ準備してくれれ ば、実費と飯代だけでやってあげるよ。」とのこと。 (もちろん、私もお手伝いする事が条件であります。) そうなれば、次は便器の調達であります。 なお、掃除をきちんとすればスワレットでも問題はない事 を申し添えておきます。単に私が不精なだけなのです。 (汚すとバツ当番で掃除をさせられる事もあるが・・・。)

ウォシュレットからの水漏れから発火に至る危険性

2014-11-21

ウォシュレットからの水漏れから発火に至る危険性

ウォシュレットから水漏れしていたりすると古くなっているウォシュレットが寝ている間に発火するそうです。ウォシュレットの寿命は一般的には10年も無いと言われています。定期的に点検といっても難しいのがウォシュレット。

故障で交換するなら判るのですが、発火までしてしまうと火事の原因になりますし2012年にはウォシュレットからの発火による火災の件数が軒並み伸びているらしいです。

ウォシュレットは正常に動いているときに交換するのがお勧めです。
もしくは、7年位たつウォシュレットを使用していて、便座についてしまった尿石や汚れ、こびりが取れずに汚いまま・・というウォシュレットはすぐにでも交換をおすすめしています。

近年発売されているウォシュレットは節水節電機能も充実しており、おしりを洗う水の強さやリズムなども改良されています。また、ノズル部分にフタがないモデルを使用していると衛生面でも問題があるので、ウォシュレットを交換することをおすすめします。

現在ではインターネットでウォシュレットを購入して自分で取り付ける人も増えています。ウォシュレットの取付に不慣れ、水まわりの修理に不慣れな人でも簡単に設置できるように説明書も改良されているので、わざわざ施工業者を依頼しなくても自分で取り付けれるものがほとんどです。

さらに、古くなったウォシュレットを処分する際には燃えないゴミとしてごみ処理できるので楽に交換ができます。
☆送料無料☆オープン記念特価!☆送料無料!☆ Panasonic 温水洗浄便座(ウォシュレット)ビュ…

« Older Entries
Copyright(c) 2013 ウォシュレット取り付け王 All Rights Reserved.